BLOG

補聴器外来(予約制)

補聴器の試聴や調整が可能になりました。

最近耳が遠くて日常生活に支障が出ている方、昔買った補聴器が聞こえなくなって使っていない方などお気軽にご相談ください。

耳の診察のあとに聴力検査を行い、予約制で補聴器の試聴や調整を行っています。

難聴は認知症のリスクファクターと言われています。難聴があれば放置せずに適切な補聴器の使用をお勧めいたします。

2019年10月28日
インフルエンザ予防接種

インフルエンザワクチン予防接種を開始しました。料金は1回 3,500円(税込み)になります。

今年は例年よりも流行が早いようですので、早めの予防接種がよさそうです。

できる限りのワクチンを確保していますが、在庫切れの日もあります。予約制ではありませんが、当日お電話でお問い合わせして頂けると在庫状況をお伝えいたします。

2019年10月09日
補聴器適合判定医

先日、補聴器適合判定医師研修会に参加してきました。

4日間の合宿のような感じでした。講義の他に、耳型採取やパソコンでの補聴器の調整といった実習もあり大変勉強になりました。

最近耳が遠くなったという方や、昔買った補聴器が聞こえなくて使っていないという方など、お気軽にご相談ください。

 

2019年07月29日
インフルエンザ

寒くなってきましたが、皆様、風邪は引いてないでしょうか。

今年の冬もインフルエンザが流行すると思います。抗インフルエンザウイルス薬は発症後48時間以内に投与することでウイルスの増殖を抑え、症状を軽くする薬です。発熱、頭痛、全身倦怠感、関節痛、筋肉痛に鼻汁、咳、咽頭痛などがあれば様子を見ずに早く病院を受診して下さい。

 

これは注意事項ですが、抗インフルエンザウイルス薬を服用後、異常行動による転落死が報告されています。異常行動は就学以降の小児・未成年者の男性が多いそうです。抗インフルエンザウイルス薬を処方された場合、発熱から少なくとも2日間は、就寝中を含め、特に小児・未成年が容易に住居外へ飛び出さないように窓の鍵を確実にかけるなど異常行動に備えた対策を徹底して下さい。

 

2018年11月08日
インフルエンザ予防接種

今年もインフルエンザワクチンの予防接種が始まりました。

1歳から12歳のお子様は、4週間程あけて2回注射になります。

 

発熱している患者様、重篤な急性疾患の患者様は予防接種不可です。

 

①痙攣(けいれん)の既往がある方

②気管支喘息や肺炎の患者様

③鶏卵・鶏肉アレルギーの方

④妊娠中の方

これらの患者様は、安全性を考慮して当院での予防接種は行なっておりません。

 

注射して免疫ができるまでに1ヶ月かかりますので、早めの予防接種をお勧めいたします。

2018年10月17日
エコー検査が可能になりました。

最新のエコー検査(超音波検査)の機械が入りました。

首のしこりや違和感、甲状腺の腫れなどが気になる方はどうぞ受診されて下さい。

 

2018年08月23日
新しい本

 

クリニックの雑誌を買いに先日本屋さんに行ったところ、キッズスペースにいる子供達が

熱心に読んでいた本がこの2冊でした。

 

その名も『おしりたんてい』

何とも不思議なタイトルですが、幼児から小学校低学年くらいの子供達に人気で

シリーズ化されている本のようです。

『かんがえるカエルくん』は5~6才くらいのお子様向けです。4コマ漫画風の絵本です。

好評でしたらシリーズを増やそうかなと思っています。

良ければお手にとってお子様と読んでみて下さいね。

 

2018年04月07日
心肺蘇生の講習会

心肺蘇生のトレーニングコースを受講してきました。

耳鼻科なので院内で心停止する場面は稀だとは思いますが、久しぶりに受けると、昔習った内容と変わった所があったりして勉強になりました。

2018年03月12日
星野道夫さんの写真展へ

 

アラスカの自然や動物を撮り続けた写真家の星野道夫さんの写真展へ行ってきました。

取材中の事故により亡くなってから没後20年の特別展という事で、会場は沢山の人で賑わっていました。

大自然の雄大さや野生動物の逞しさ、美しさが臨場感たっぷりに活き活きと収められており、目を奪われました。

 

星野さんが児童向けに書いた本が販売されていましたので購入しました。

クリニックのキッズスペースの本棚に置きますので、良ければご覧下さい。

「クマよ」

写真に添えられた詩的な文章も心に響きます。

お子様だけではなく大人が見ても素晴らしい本ですよ。

2017年09月04日
学校検診

5月6月は学校検診で鼻炎や耳垢を指摘されて受診されるお子さんが多かったです。

耳垢の紙をもらって受診したら中耳炎も起こしていたり、アレルギー性鼻炎と思っていたら副鼻腔炎だったりすることもあります。

扁桃腺肥大も、重症でいびきなどの睡眠障害がある場合は、扁桃腺の摘出手術を受けた方がいいこともあります。

学校から紙をもらったら、放置せずにきちんと耳鼻科を受診して下さいね。

2017年06月29日